武蔵村山市議会議員 天目石要一郎(あまめいし よういちろう)の活動報告

利権屋や某カルト団体の政治圧力の暴走捜査などの嫌がらせにもめげず、利権や不正とたたかっています。

武蔵村山市印紙税ちょろまかし裁判!

 さて、先日、住民監査請求をしたのですが、「監査はしない!」という回答が来たので、住民訴訟をすることにしました。地方自治法に照らし合わせても、「監査はしない!」などという回答は出せないはずの案件だったので、
 「何でこんな人事案を提案したんだ!」と市長は頭を抱えている事でしょう。
 議会選出の監査委員も「名前だけの名誉職じゃなかったのか!」と悩んでいる事でしょう。

 
 武蔵村山市のごみ収集委託業務に関して、「住民監査請求をやれば良いんですよ。改善がみられなければ、住民訴訟をすれば良いんですから。」なとど得意気に話をしていたところ、「住民監査はしない!」とのお粗末な回答がきましたので、

 「天目石君、訴状を書いてよ!午後時間あるでしょ!」と善家議員に言われました。

 他の裁判の訴状やたたき台の資料を渡され、市議会図書室のパソコンに向かいました。
 「軽々しく、余計な事を言うものではありません。」

 私は、裁判の訴状など書いた事がありません。多少裁判にかかわったとしたら、小沢一郎政治塾3期の塚原賢司という寸借詐欺師に被害にあって、何回か裁判所に足を運んだぐらいです。
 ひとつ賢くなったのは、たとえ、愛人の所にいると分かっていても、住所不定では裁判をかけられないという事です。入塾にあたって、ちゃんと素性を調べて欲しいものです。
 この男がどうなったか知りませんが、奈良県警刑事告訴をきちんと受理し、今は刑務所で反省している事を願っています。

 話はそれましたが、他の行政訴訟の訴状や、たたき台の資料をもとに、2時間ぐらい、頭をひねりながら、訴状を作りました。始めてみると、「訴状の書式はこうなっているんだ!」などと学ぶ事が多く、あちこちの法律の条文に当たってみたりとかなり面白かったです。

 素人が作ったので、プロが見たら噴き出すほど、出鱈目かもしれまれんが、以下が訴状の内容です。
 明日、八王子地方裁判所に「こんなので良いですか?」と見てもらいに行ってきます。


                      訴状
                                      平成18年12月  日
八王子地方裁判所 御中
                                       原告 ○○○
                                          ○○○
                                          ○○○
                                        天目石要一郎
                                          善家裕子

                      原告
            208-0035 武蔵村山市 ○○○ ○○○
            208-0021 武蔵村山市 ○○○ ○○○
            208-0034 武蔵村山市 ○○○ ○○○
            208-0013 武蔵村山市大南4-21-1
                 エステート大南公園8-106 天目石要一郎
            208-0021 武蔵村山市三ツ藤1-53-6 善家裕子


                      被告
  208-04 武蔵村山市本町1-1 武蔵村山市 被告代表 武蔵村山市長 荒井三男
                      行政処分庁 武蔵村山市長 荒井三男

武蔵村山市塵芥処理委託不当契約による、損害賠償請求事件

             請求の趣旨
1.平成16年度、17年度において武蔵村山市が仕様書も事業者の見積書もないまま、特命随意契約で委託  した市の塵芥処理運搬収集業務契約の総額7億601万6千円の10%分の7060万1600円を被告の責任に  おいて市に返還、もしくは賠償するように求める。(地方自治法242条の二の1項の4号)
2.契約者に対し、印紙税を適正に納税させること。
3.訴訟費用は被告の負担とする。

             請求の原因
第一当事者
1.原告人は武蔵村山市民であり、地方自治法242条による住民監査請求の請求者である。
2.被告は武蔵村山市長であり、地方自治法2条に基づく法人である。

第二 原告の住民監査請求と被告への監査の未実施処分
1.原告は、平成18年10月17日、被告監査委員に対し、地方自治法242条に基づき請求の趣旨記載の住民  監査請求を行った。
2.しかる後、被告監査委員は平成18年11月14日付け武収第5591号の2の通知書をもって、監査を実  施しないこととした。


第三 武蔵村山市監査委員会の決定を不服とする理由

1.原告の監査請求の内容は平成16年、17年度の違法性について監査請求したものであるが、監査委員会  からの通知には全く触れられておらず、平成18年について言及している。
2.監査委員会が指摘した最高裁判例は、仕様書も見積書もなく契約したこと、事務規則に違反した契約  を認めているものではない。よって、当該ケースには当てはまらない。
3.明白な印紙税法違反を、市の財務会計上の行為ではないと見逃している。

 以上のことから鑑みて、原告の住民監査請求に対し監査委員会が「監査せず」と決定したことは納得できない。地方自治法242条の2第1項に基づき住民訴訟を起こすものである。

第四 事件の違法性
1.被告は、比留間運送株式会社、株式会社荒幡商事と長年随意契約を結んできた。平成16年度、およ   び、平成17年度において武蔵村山市は、仕様書を作成することもなく、また、比留間運送株式会社、  株式会社荒幡商事より、見積書の提出を受ける事もなく契約を結んでいる。
2.不当に過少な印紙を貼り、印紙税法違反を行い、国家財政に悪影響を与えている。
3.また、40年の長きにわたる随意契約による馴れ合いの結果、武蔵村山市の塵芥処理収集委託契約が非  常に高額なものとなり、市民の日常生活に多大な悪影響を与えている。

第五 違法性の根拠
1.随意契約事務に関して
・被告は、比留間運送株式会社、株式会社荒幡商事とは平成16年、17年の2年間で、7億601万6千円もの随 意契約を行ってきたが、武蔵村山市契約事務規則40条によると随意契約ができる金額は130万円までで ある。
・被告は、武蔵村山市契約事務規則42条では、「契約条項その他の見積もりに必要な事項を示してなるべ く2者以上から見積書を徴さなければならない。」と定められているが、仕様書を作成せず、見積書も 取っていない。
・被告は、武蔵村山市事務決済規定3条では、「事務は原則として、当該事務を主観する主査の承認を受 けたのち、順次直属上司の意思決定、関係部課長の合議を経て、決済責任者の決済をうけなければ執行 することができない」と定められているが、平成16年度以降、随意契約(特命)依頼書には、決済印が 押印されていない。

2.印紙税法違反について
 ・被告は、平成17年度、比留間運送株式会社とは4000円の収入印紙を添付し、株式会社荒幡商事とは20  0円の収入印紙を添付し契約を行っている。しかし、適正な印紙税はともに、10万円であり、印紙税  法2条違反である。

4.不当な高額契約について
 ・小平村山大和一部事務組合(以下一部事務組合)に、ごみの中間処理を委託している東大和市や小平  市、また、隣接する立川市と処理費を比較すると、t(トン)あたり、また、住民一人当たり換算   で、 約1.2~1.5倍程度割高になっている。(資料○○)。ちなみに、東大和市小平市、他、立川  市ではい ずれも競争入札(指名競争)で委託先を決めている。武蔵村山市の契約金額が他市に比し  て高額であ  り、かつ、長年に渡り随意契約で行われていることを鑑みれば、「その業務を処理す  るに当たっては、 最小の経費で最大の効果を上げるようにしなければならない」と定めた地方自治  法第2条14項に反する ものである。
・「平成16年度、17年度塵芥収集委託料積算資料」では、比留間運送株式会社と株式会社荒幡商事との塵  芥収集に係る落札比率がほぼ100%である。
  例えば、「平成16年度、17年度塵芥処理委託料積算資料」によると、人件費は「車両4台に対し事務  員1名とする」となっているが、実際の契約では、車両19台に対し事務員6名(3.2台に1名)となって  いる。積算の根拠が違うのに、落札比率がほぼ100%になる事はありえない。
・「平成16年度、17年度塵芥処理委託料」の契約金額は同額である。武蔵村山市の人口はこの間変動し、 開発行為なども行われるため、同額ということはありえない。
・近隣他紙に比して、実際に収集されている塵芥処理量に対して車両の契約台数が多い。(資料○○)